大島城

茨城県:歴史・観光・見所茨城県の城郭>大島城
大島城:略データ
・場 所・茨城県つくば市上大島
・築城年・−
・築城者・−
・城 主・小田氏・真壁房幹
・構 造・平城
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・大島城が何時頃に築かれたのかは判りませんが、戦国時代には領主である小田氏の一族に当たる小田式部少輔が居城として利用していたとされます。

弘治2年の事と思われる正木弥五郎宛ての北条氏康の書状には「去五日、於常州大嶋台遂一戦、敵千余人討捕候、不思議之仕合、満足大慶、可為御同意候与令推察候、不慮之合戦故、惣手者不合候、遠山・太田美濃守・結城衆以三手切勝候、恐々謹言、卯月八日 正木弥五郎殿 同源七郎殿」と記されています。

解説すると弘治2年に結城政勝と小田氏治との間に海老ヶ島を巡る激しい攻防戦が繰り広げられており、大島城がある大嶋台でも、その一端が行われたと思われます。

結城政勝は北条氏康の後ろ盾を得て、氏康の命により武蔵岩付城主太田資正と江戸城主遠山綱景の援軍を得て、小田領に侵攻、大嶋台で偶然小田勢に遭遇し合戦となり、結城、太田、遠山勢が三方から攻め立て敵兵千余を討ち取り勝利を収めたとされます。

大島城は小田氏の本城である小田城の北方に位置し、真壁城とを結ぶ街道と下館城海老ヶ島城とを結ぶ街道が分岐する交通の要衝で、中間に位置していた事から、小田城の有力な支城として機能していたようです。

その後、台頭した佐竹氏の支配下に入ると、佐竹氏に従った真壁氏に与えられ、文禄4年に佐竹義宣が真壁義幹に発給した知行宛行状写によると「千五百仁十壱石仁斗仁升 大嶋」と記されています。

真壁義幹は真壁久幹の次男として生まれ、父親と同様に佐竹氏に従い、小田氏治との決戦の一つ手這坂の戦いで軍功を挙げ、式部大輔の名乗る事が許され、当地が与えられています。

大島領は真壁氏が支配する領地の中でも最大級の知行地で、長男の真壁房幹が配されています。

房幹は叔父で真壁家宗家の真壁氏幹の養子となり、文禄の役では氏幹の代わりに真壁勢を率いて朝鮮半島に赴き、慶長3年頃に真壁家を継いだ為、本城である真壁城に遷ったと思われます。

慶長5年に発生した関ヶ原の戦いで佐竹氏は東西中立を保持した咎で、慶長7年に久保田藩(秋田)の減封、房幹もこれに従い常陸国を離れた為、大島城も廃城になったと思われます。

大島城は500m四方の微高地に築かれた平城で、概ね南北に連なる3つの郭で構成されていたと推定されています。

遺構の多くは失われましたが、南西に位置する墓地に土塁と思われる土盛や堀跡と思われる地形が僅かに残されています。

茨城県:城郭・再生リスト
大島城:付近地図
茨城県の城郭
多良崎城木原城助川海防城片野城守谷城神宮寺城飯沼城武田氏館山川館下総太田城
中根長者屋敷志筑城海老ヶ島城結城城宍戸城芹沢城谷田部城駒城河合城戸村城今城
足高城上条城堀之内大台城高久館長者山城古渡城柿岡城石岡城和歌城木田余城
小川城江戸崎城小野崎城八代城飯塚城頃藤城茅根城松平城部垂城加倉井館豊田城
山川綾戸城長井戸城古間木城布川城石神城大島城板橋城小張城小幡城藤沢城
烟田城鷲宮砦松岡陣屋松川陣屋真壁陣屋下妻陣屋龍ヶ崎陣屋牛久陣屋谷田部陣屋
鹿島城金砂山城大宝城真壁城
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。