加倉井館

茨城県:歴史・観光・見所茨城県の城郭>加倉井館
加倉井館:略データ
・場 所・茨城県水戸市加倉井町
・築城年・正安年間
・築城者・波木井実氏
・城 主・波木井氏
・構 造・平城
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・加倉井館は正安年間に波木井実氏によって築かれたとされます。

波木井氏は甲斐武田家一族南部光行の3男である六郎実長が開国波木井郷(現在の山梨県南巨摩郡身延町波木井)に配された事から、地名に因み「波木井」姓を掲げたのが始まりとされます。

実長は文永6年頃、鎌倉で日蓮上人の辻説法を紀伊手深く感銘し日蓮に篤く帰依するようになり、文永11年には流罪を解かれた佐渡国から鎌倉に戻った日蓮を自領に招き入れ、弘安4年には日蓮宗の総本山である久遠寺を開創し、一族や子孫達は日蓮宗を篤く帰依、庇護しています。

実長の跡を継いだ長継の養子である南部師行は南北朝時代に南朝方に属し、北畠顕家に従軍し陸奥国に下向、八戸を本拠とする根城南部家の祖となっています。

一方、実長の次男又は三男とされる伊豆守実氏(波木井弥三郎実氏)は常陸国那珂郡隠井郷に居を遷し当家の祖となっています。

弘安5年に日蓮上人が波木井実長の勧めもあり、病気療養の為「ひたちのゆ」で湯治を行ったと「波木井殿御報」に記されており、この「ひたちのゆ」は実氏の領地にある「隠井の湯」だったとも云われています。

永仁元年には、実氏の実母である妙徳尼の菩提寺となり常陸国最初の法華道場である妙徳寺を開創し法華経の布教に尽力しています。

その後、弥六郎長義、弥太郎実行、弥治郎実宗と続き、通久の代で地名の「隠井(洗井)」に囲み「加倉井」姓を掲げました。

江戸氏が水戸城の城主になる等台頭すると加倉井氏は江戸氏に従うようになり、その有力家臣(江戸氏五代家老)として長く当地を支配しました。

天正18年に佐竹吉井気、義宣父子が水戸城に侵攻し江戸氏が滅ぼされると加倉井氏は佐竹氏に従ったようですが、慶長7年に佐竹氏の久保田藩(秋田)移封には随行せず、帰農した事から加倉井館も廃館になったと思われます。

加倉井館は東西220m、南北110mの不規則な長方形で、周囲を二重の土塁と空堀で囲っていたようです。

現在は妙徳寺の境内や子孫の加倉井家の屋敷、畑地、果樹園、雑木林になっていますが、館址東限の南方部分に断続する一本の土塁と、北方寄りの部分に二重の土塁と空堀があり、又、館址の北限でも二重の土塁と一本の空堀が残されています。

茨城県:城郭・再生リスト
加倉井館:付近地図
茨城県の城郭
多良崎城木原城助川海防城片野城守谷城神宮寺城飯沼城武田氏館山川館下総太田城
中根長者屋敷志筑城海老ヶ島城結城城宍戸城芹沢城谷田部城駒城河合城戸村城今城
足高城上条城堀之内大台城高久館長者山城古渡城柿岡城石岡城和歌城木田余城
小川城江戸崎城小野崎城八代城飯塚城頃藤城茅根城松平城部垂城加倉井館豊田城
山川綾戸城長井戸城古間木城布川城石神城大島城板橋城小張城小幡城藤沢城
烟田城鷲宮砦松岡陣屋松川陣屋真壁陣屋下妻陣屋龍ヶ崎陣屋牛久陣屋谷田部陣屋
鹿島城金砂山城大宝城真壁城
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。