八代城

茨城県:歴史・観光・見所茨城県の城郭>八代城
八代城:略データ
・場 所・茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目
・築城年・−
・築城者・−
・城 主・東条氏・屋代氏
・構 造・平城
・文化財・龍ケ崎市民遺産
・指定日・平成28年11月16日
・概 要・八代城が何時頃築かれたのかは不詳ですが、鎌倉時代後期には当地の領主だった東条社氏が居館として利用していた推定されています。

東条氏は常陸平氏の一族である大掾氏の庶流で、多気直幹の三男五郎左衛門為忠幹が東条五郷に配され、地名に因み「東条」姓を掲げたのが始まりとされます。

当地は古くは社村と呼ばれた事から、当地に配された東条氏一族は社氏と称したようです。

南北朝時代に東条氏は南朝方に与し、南朝方の有力武将だった北畠親房は東条荘に入ったものの、南朝方だった神宮寺城や阿波崎城は北朝方だった佐竹勢に攻略され、北畠親房は小田城まで撤退を余儀なくされています。

一方、指南国倉科荘加納屋代を本貫とする屋代氏一族である屋代信経は北朝方の有力武将だった高師冬に同調し、常陸国に入ると、興国2年/暦応4年に師冬勢を先導し、信太荘、東条荘の南朝方だった佐倉城、東条城、亀谷城等を次々と攻め落としています。

さらに、信経興国4年/康永2年に別所幸実等と共に侵攻、関城や大宝城を攻め落としている事から、東条氏一族も北朝方に転じたようです。

その後、上記の功績により屋代氏は東条荘社村を拝領、東条社氏の居館を拡張整備し居城にしたと思われます。

永和3年の記録である円覚寺文書によると東条荘社村は屋代越中守師国が知行していた事が記されています。

戦国時代に入ると小田氏に従っていた事から小田政治と対立していた土岐原氏との軋轢を受け、大永3年には信太庄山内衆と呼ばれた土岐原治頼、近藤勝秀、臼田河内守等に八代城は襲撃を受けています(屋代要害合戦)。

激戦の末、八代城が落城すると、小田政治は麻生淡路守等を率いて屋代勢救援の為、当地まで進軍、八代城周辺で激しい戦いが繰り広げられましたが、重臣である信太氏の他、多賀谷淡路守、広瀬氏、青木氏、石崎氏等が討ち取られ大敗を喫しています。

その後、東条荘は土岐原氏が支配した為、八代城も土岐原氏も支配下に入ったと思われますが、天正18年に発生した小田原の役で土岐氏(土岐原氏)は北条方に与した為、豊臣方に与した佐竹勢の侵攻を受け没落した為、八代城も廃城になったようです。

八代城は東西約210m、南北約240mの城式で、周囲を空堀と土塁を巡らせ、その内側には多くの空堀や土塁を配し、複雑な区画にしたようです。

現在は城ノ内中学校の敷地を中心に住宅街として整備された為、遺構の多くが消失しましたが、中学校の敷地内に長さ約50m、高さ4mの土塁が残されています。

八代城址5号土塁は貴重な事から龍ケ崎市民遺産に認定されています。

茨城県:城郭・再生リスト
八代城:付近地図
茨城県の城郭
多良崎城木原城助川海防城片野城守谷城神宮寺城飯沼城武田氏館山川館下総太田城
中根長者屋敷志筑城海老ヶ島城結城城宍戸城芹沢城谷田部城駒城河合城戸村城今城
足高城上条城堀之内大台城高久館長者山城古渡城柿岡城石岡城和歌城木田余城
小川城江戸崎城小野崎城八代城飯塚城頃藤城茅根城松平城部垂城加倉井館豊田城
山川綾戸城長井戸城古間木城布川城石神城大島城板橋城小張城小幡城藤沢城
烟田城鷲宮砦松岡陣屋松川陣屋真壁陣屋下妻陣屋龍ヶ崎陣屋牛久陣屋谷田部陣屋
鹿島城金砂山城大宝城真壁城
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。