長井戸城

茨城県:歴史・観光・見所茨城県の城郭>長井戸城
長井戸城:略データ
・場 所・茨城県猿島郡境町長井戸
・築城年・推:鎌倉時代
・築城者・−
・城 主・菅谷左京
・構 造・平城
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・長井戸城が何時頃築城されたのかは判りませんが、発掘調査によって建物の柱穴、空堀、土塁から12世紀〜13世紀の「瓦器」や「瓦質式土器」等が見つかった事から鎌倉時代に築かれたと推定されています。

その後の経緯は不詳なものの、皆川老甫(皆川広照)の口述を江戸時代中期の兵学者である大道寺友山が筆録したとされる「東国闘戦見聞私記」によると天文年間に菅谷左京が城主だったと記されています。

菅谷氏の出自は判りませんが、当城の近くに「菅谷」の地名がある事や城の規模から察すると長く当地を支配した土豪のような存在だったようです。

天文23年に小山高朝勢の侵攻を受け、菅谷左京は敗北、隣接する稲尾城の城主稲尾加賀守と共に小山氏の配下となっています。

当時の小山高朝は北条氏康が古河公方に足利晴氏を擁立した事に激しく抵抗していた事から菅谷氏は古河公方側に与していた事が窺えます。

小山氏は越後上杉家と小田原北条家に翻弄され、天正4年に北条氏照の侵攻により、小山氏の本城である祇園城(小山城)が落城、小山秀綱は佐竹義重を頼り常陸の佐竹領に落ち延びた為、長井戸城も北条方に接収されたと思われます。

天正10年に秀綱は祇園城主に復権したものの、北条家の与力に組み込まれた為、天正18年に発生した小田原の役で北条方に与した為、没落しています。

その後の菅谷氏の詳細は判りませんが近隣の土豪である相良氏と共に朝鮮の役や大坂の陣等にも参陣したとされ最終敵に帰農し長井戸城も廃城となっています。

現在、城址に鎮座している香取神社の開創年は不詳ですが、別当寺院だった花蔵院は天正2年に開創された真言宗の寺院で、当初は長井戸沼を西に望む台地に境内を構えていましたが、長井戸城が廃城になった後に現在地に遷ってきたと思われます。

長井戸城は南北約100m、東西約80mの平城で、主郭と副郭で構成され、周囲を堀と土塁で囲っていました。

主郭と副郭の境界には「横矢かかり」と思われる鉤型の土塁が設けられ、以前は長井戸沼があり天然の外堀に見立てられていたようです。

現在でも東側の土塁と空堀、北側の土塁、香取神社境内にも空堀の遺構が残され貴重な存在です。

茨城県:城郭・再生リスト
長井戸城:付近地図
茨城県の城郭
多良崎城木原城助川海防城片野城守谷城神宮寺城飯沼城武田氏館山川館下総太田城
中根長者屋敷志筑城海老ヶ島城結城城宍戸城芹沢城谷田部城駒城河合城戸村城今城
足高城上条城堀之内大台城高久館長者山城古渡城柿岡城石岡城和歌城木田余城
小川城江戸崎城小野崎城八代城飯塚城頃藤城茅根城松平城部垂城加倉井館豊田城
山川綾戸城長井戸城古間木城布川城石神城大島城板橋城小張城小幡城藤沢城
烟田城鷲宮砦松岡陣屋松川陣屋真壁陣屋下妻陣屋龍ヶ崎陣屋牛久陣屋谷田部陣屋
鹿島城金砂山城大宝城真壁城
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。