土屋政直

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)>土屋政直
土屋政直(八坂神社)
【 概 要 】−土屋政直は寛永18年(1641)、土浦藩4万5千石の藩主土屋数直と水野忠貞の娘との子供として生まれました。延宝7年(1679)、数直の死去に伴い土屋家の家督を継ぎ土浦藩の藩主と奏者番に就任しています。天和2年(1682)に田中藩(現在の静岡県藤枝市)に移封となり、貞享元年(1684)に大坂城代、貞享2年(1685)に京都所司代、貞享4年(1687)に老中に昇進し(最終的には老中首座)、同年に土浦藩(茨城県土浦市)に再び入封し藩庁である土浦城に入っています。出世に合わせて度々加増され最終的には9万5千石に至り、貞享2年(1685)には従四位下に昇叙しています。産業育成も積極的に行い、特に領内で収穫される良質な大豆や小麦を利用した醸造業を保護しています。享保4年(1719)隠居、享保7年(1722)死去、享年82歳、戒名:俊翁耆徳相院。

土屋政直は社寺の保護を行い、延宝7年(1679)には愛宕神社の社殿(土浦市指定有形文化財)を造営、貞亨4年(1687)には慶竜寺(泉子育観音)に寺領を寄進し表御門を造営、元禄4年(1691)に龍泉寺を祈願所として選定、元禄13年(1700)には八坂神社の本殿(土浦市指定有形文化財)を造営、大聖寺(茨城県土浦市)の寺領を安堵、慈眼院清滝寺(隠沢観音)を現在地に遷し堂宇(本堂は笠間市指定有形文化財)を造営し寺領10を安堵しています。

※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。