取手市・歴史・観光・見所

  茨城県:歴史・観光・見所>取手市

概要・歴史・観光・見所
取手市概要: 取手市の平安時代は平家の勢力圏内で平将門縁取手市の長禅寺や龍禅寺などの史跡が点在しています。平安時代末期には下総国相馬郡と千葉郡の郡司となった千葉氏が現在の取手市を含む周辺一帯を支配し領土の一部を伊勢神宮の荘園として寄進した所謂相馬御厨を成立させています。千葉常胤の代では相馬御厨をめぐり大きな騒乱となりますが相馬氏の祖として確立し長く周囲を支配しました。江戸時代に入ると江戸と水戸城下を結ぶ水戸街道が開削されると取手宿が設置されます。水戸徳川家は定府大名の為、基本的には参勤交代は数回程度しかありませんでしたが相馬藩や平藩などの東北諸藩の一部が参勤交代で利用し取手宿には本陣が設けられ重用拠点の1つとされました。又、取手市は利根川舟運の河港としても繁栄し、水戸藩を始め舟運を利用した諸藩の御蔵が軒を連ね六斎市など商業活動が活発な地域でした。

取手市・町並み:写真

取手市 取手市 取手市 取手市

取手市・神社・寺院・城郭

龍禅寺
龍禅寺
龍禅寺
旧取手宿本陣
旧取手宿本陣
旧取手宿本陣
東漸寺
東漸寺
東漸寺
来応寺
来応寺
来応寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
延命寺
延命寺
延命寺
八坂神社
八坂神社
八坂神社
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。