取手市: 来応寺

  茨城県:歴史・観光・見所取手市:観光・観光・見所>来応寺

概要・歴史・観光・見所
来応寺(取手市)概要: 会谷山来応寺は茨城県取手市小泉に境内を構えている真宗大谷派の寺院です。来応寺の創建は江戸時代初期の寛永元年(1624)空清上人が開山したのが始まりと伝えられています。現在の来応寺本堂は江戸時代中期に建てられた建物で、木造平屋建て、入母屋、銅板葺、平入、正面1間向拝付、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、当地方の江戸時代の寺院建築の遺構として貴重なことから取手市指定有形文化財に指定されています。又、寺宝を多数所有し、阿弥陀如来画像、光明本尊像、高僧坐像、聖徳太子画像、阿弥陀如来木像、方便法身尊号(3点)が昭和48年(1973)に取手市指定有形文化財に指定されています。山号:会谷山。院号:随迎院。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

来応寺:写真

来応寺:参道石畳みから見た山門と石燈篭
参道石畳みから見た山門と石燈篭
来応寺:植栽越に見える本堂
植栽越に見える本堂
来応寺:書院?
書院?
来応寺:植栽の松
植栽の松
来応寺:境内に建立されている鐘楼と梵鐘
境内に建立されている鐘楼と梵鐘


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。