笠間城(別名:桂城)

  茨城県:歴史・観光・見所笠間市:観光・観光・見所>笠間城(別名:桂城)

概要・歴史・観光・見所
笠間城(別名:桂城)概要: 鎌倉時代の建保2年(1214)佐白山と布引山との間に宗教対立が起こり、仲裁に入った当時の領主宇都宮氏は家臣である塩谷時朝を派兵、時朝は両寺とも焼き討ちし承久元年(1219)佐白山に笠間城を築くと笠間家の祖となりました。笠間氏は宇都宮氏に従属しながらも国人領主化しこの地を18代、380年余り支配しました。天正18年(1590)主家である宇都宮氏の意に背き豊臣秀吉による小田原攻めに参加しなかった事から笠間氏は取り潰しとなり、笠間城には宇都宮国綱の家臣玉生勝昌が入ります。慶長2年(1597)、宇都宮国綱が改易になると慶長3年(1598)に蒲生秀行が宇都宮城に入封、笠間城には家臣である蒲生郷成が入り、城郭の整備拡張し現在見られる規模の祖形を造り上げます(蒲生氏郷は会津鶴ヶ城91万石の大大名でしたが秀行は家臣をまとめきれず宇都宮城12万石に厳封となり、郷成も二本松城4万石から笠間城3万石に厳封されています)。慶長6年(1601)、関が原の戦いの功により松平康重が3万石で入封し笠間藩を立藩、笠間城には藩庁が置かれ整備されますが慶長13年(1608)に小笠原吉次(3万石)、慶長17年(1612)に松平康長(3万石)、元和3年(1617)に永井直勝(3万2千石)、元和8年(1622)に浅野長重(5万3千石)、正保2年(1645)に井上正利(5万石)、元禄5年(1692)に松平宗資(4万石)、元禄15年(1702)に井上正岑(5万石)と短期間に様々な大名が入れ替わり永享4年(1747)、牧野貞通が8万石で藩主になるとようやく安定し、以後、歴代牧野家が城主を歴任し明治維新まで続きます。

笠間城は明治6年(1873)に廃城となり多くの施設が破棄されましたが、石垣や土塁、空掘、郭の形状など比較的保存状態がよく、八幡台櫓が麓にある真浄寺に移された他、裏門や薬医門も民間に払い下げられて現存しています。又、天守台跡に建つ佐志能神社は笠間城を解体した時の廃材が使われているとされ、本殿を囲んでいる築地塀は天守閣の瓦が利用されたと伝わっています。

笠間城の縄張り: 笠間城は佐白山(標高:182m)の山頂付近に築かれた山城で、山頂の天守曲輪から一段下がった所に本丸、二ノ曲輪、三ノ曲輪、中腹に千人溜があり、天守曲輪には2層の天守閣が上がり、本丸には八幡台櫓、穴ヶ崎櫓、屋館、玄関門、東門、東櫓門などがありました。江戸時代に入ると城下町近くの麓に藩主の下屋敷を儲け、事実上の本丸として政務が執り行われ、周囲には家老屋敷などが軒を連ねました(麓には浅野家の家老を歴任し吉良邸討ち入りを果たした大石内蔵助を排出した大石家屋敷跡があります)。笠間城の城蹟全域(37000u)は平成5年(1993)に笠間市指定史跡に指定されています。

笠間城の文化財
・ 八幡台櫓-江戸-木造2層2階建、塗屋造、入母屋、本瓦葺-茨木県指定文化財
・ 城門−江戸時代−切妻、桟瓦葺、四脚門、間口3.95m−笠間市指定文化財
・ 裏門−江戸時代−切妻、桟瓦葺、四脚門、間口3.95m−笠間市指定文化財
・ 城域全体−笠間市指定史跡

笠間城:写真

笠間城
[ 付近地図: 茨城県笠間市 ]・[ 笠間市:歴史・観光・見所 ]
笠間城 笠間城 笠間城 笠間城
笠間城 笠間城 笠間城 笠間城

スポンサーサイト

笠間城:周辺・見所
愛宕神社 普賢院
羽梨山神社 鳳台院
楞厳寺 稲田神社
笠間稲荷神社 清滝寺(隠沢観音)
宍戸陣屋 正福寺(佐白観音)
金剛寺 高乾院
塙家住宅 妙行院
大石家屋敷跡 小原城
龍穏院 西念寺
佐志能神社 安居の千日堂
真浄寺 笠間城
城山出世稲荷神社 唯信寺
高房神社 滝野不動堂
大渕天神社 旧宍戸町役場庁舎


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。