笠間市: 楞厳寺

  茨城県:歴史・観光・見所笠間市:観光・観光・見所>楞厳寺

概要・歴史・観光・見所
楞厳寺(笠間市)概要: 仏頂山楞厳寺の創建は不詳ですが当初、律宗の寺院として宋(中国)の千岩が開山したのが始まりと伝えられています。一時荒廃しましたが鎌倉時代に当地の領主である笠間家初代時朝が建長寺(神奈川県鎌倉市)の住職大拙和尚を招いて中興開山し歴代笠間家の菩提寺としました。天正18年(1590)の小田原の役で18代当主笠間綱家は主家である宇都宮家に逆らい参陣しなかった為、北条家が滅亡後、宇都宮家によって滅ぼされましたが楞厳寺は廃寺を免れたようです。境内には山門や観音堂などの古建築や苔むした参道、庭園など古寺の雰囲気が残され寺宝も数多く所有しています。山号:仏頂山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:大日如来像。

現在の楞厳寺山門は室町時代中期に建てられた四脚門で切妻、茅葺、間口3.7m、奥行3.8m、「竟堅門」の扁額が掲げられ、扉や壁が無く組物や意匠など当時の禅宗様式を伝える貴重なものとして大正6年(1917)に国指定重要文化財に指定されています。旧本尊の木造千手観音立像は建長4年(1252)に笠間時朝の寄進によって制作されたもので桧材の寄木造、玉眼嵌入、像高208cm歴史的背景や容姿などから笠間六体仏(石寺弥勒堂弥勒菩薩立像、楞厳寺千手観音立像、岩谷寺薬師如来立像のみが現存)の1つに数えられ大正9年(1920)に国指定重要文化財に指定されています。

境内には笠間氏累代の墓所があり歴史を感じる苔むした墓碑が並んでいて昭和53年(1978)に笠間市指定史跡に指定されています。又、楞厳寺境内を含む裏山一帯が片庭ヒメハルゼミ発生地(太平洋側の分布北限)として昭和9年(1934)に国指定天然記念物に指定されています。

楞厳寺の文化財
・ 楞厳寺山門−室町時代中期−切妻、茅葺、四脚門−国指定重要文化財
・ 木造千手観音立像-建長4年-桧材,寄木造,像高208cm-国指定重要文化財
・ 楞厳寺境内−片庭ヒメハルゼミ発生地−国指定天然記念物
・ 笠間氏累代の墓地-面積123u、五輪塔18基、宝篋印塔1基-笠間市指定史跡
・ 木造大日如来坐像-南北朝-寄木造、玉眼、像高61.2cm-笠間市指定文化財

楞厳寺:写真

楞厳寺
[ 付近地図: 茨城県笠間市 ]・[ 笠間市:歴史・観光・見所 ]
楞厳寺 楞厳寺 楞厳寺 楞厳寺
楞厳寺 楞厳寺 楞厳寺 楞厳寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。