大石家屋敷跡(笠間城)

  茨城県:歴史・観光・見所笠間市:観光・観光・見所>大石家屋敷跡

概要・歴史・観光・見所
大石家屋敷跡(笠間市)概要: 当地は笠間城の麓に位置し、主に家臣達の屋敷が構えられた地域です。大石家屋敷跡(笠間城)、元禄赤穂事件や吉良邸討ち入りなどで知られる大石内蔵助を排出した大石家が笠間藩時代に屋敷を構えた場所でもあります。案内板によると「 ここは、浅野氏赤穂藩の国家老で「忠臣蔵」の物語で名の知れた大石蔵助良雄の曽祖父良勝及び祖父良欽が住んでいた屋敷跡である。浅野氏は、元和8年(1622)に笠間5万3千5百石の藩主になったが、その頃の笠間城は佐白山頂近くの本丸で政務を執っていた。浅野氏はよりよい政治をするため、城下町に近い台地(今の山麓公園)に笠間城の下屋敷として御殿を建て、また笠間城下町を整え現在の笠間市街地の基を作った。笠間藩主麻の長直の家老である大石氏は、御殿の直ぐ下にあるこの地に屋敷を与えられていた。長直は、正保2年(1645)に赤穂へ国替えとなったが、その後の代々の笠間藩主もこの地を家老屋敷として与えていた。 笠間市 」とあります。現在は建物等の遺構は無く敷地内の樹木も当時の庭園のものか分かりません。

大石家屋敷跡:写真

大石家屋敷跡
[ 付近地図: 茨城県笠間市 ]・[ 笠間市:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

大石家屋敷跡(笠間市):周辺・見所
愛宕神社 普賢院
羽梨山神社 鳳台院
楞厳寺 稲田神社
笠間稲荷神社 清滝寺(隠沢観音)
宍戸陣屋 正福寺(佐白観音)
金剛寺 高乾院
塙家住宅 妙行院
大石家屋敷跡 小原城
龍穏院 西念寺
佐志能神社 安居の千日堂
真浄寺 笠間城
城山出世稲荷神社 唯信寺
高房神社 滝野不動堂
大渕天神社 旧宍戸町役場庁舎


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。