笠間市: 安居の千日堂

  茨城県:歴史・観光・見所笠間市:観光・観光・見所>安居の千日堂

概要・歴史・観光・見所
安居の千日堂(笠間市)概要: 千日堂の創建は江戸時代初期の寛文年間(1661〜1672年)薬師如来像を安置し、近隣53ヶ村の念仏道場として建立されたのが始まりと伝えられています。江戸時代中期の寛保年間(1741〜1744年)に庵王弁的と名乗る僧が浄財を集めて千体の仏像を彫り込み祀った事から千日堂と名付けられています。千日堂には現在でも890余体の仏像が残り民俗学的に貴重な事から、名称「安居灯籠念仏"(現在は新仏の位牌を祀り、寄せ念仏が行われています)」として平成20年(2008)に笠間市指定有形民俗文化財に指定されています。又、現在の御堂は寛延3年(1750)に建立され明治23年(1890)に改修された建物で、木造平屋建て、桁行3間(4.6m)、梁間3間(5.3m)、宝形造、銅板葺、正面には一間の向拝が付、江戸時代中期の御堂建築の遺構として貴重な事から昭和56年(1981)に笠間市指定有形文化財に指定されています。

安居の千日堂:写真

安居の千日堂
[ 付近地図: 茨城県笠間市 ]・[ 笠間市:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

安居の千日堂(笠間市):周辺・見所
愛宕神社 普賢院
羽梨山神社 鳳台院
楞厳寺 稲田神社
笠間稲荷神社 清滝寺(隠沢観音)
宍戸陣屋 正福寺(佐白観音)
金剛寺 高乾院
塙家住宅 妙行院
大石家屋敷跡 小原城
龍穏院 西念寺
佐志能神社 安居の千日堂
真浄寺 笠間城
城山出世稲荷神社 唯信寺
高房神社 滝野不動堂
大渕天神社 旧宍戸町役場庁舎


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。