笠間藩

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)茨城県の城下町>笠間藩
笠間藩・歴史・観光・見所
笠間藩概要: 慶長6年(1601)松平康重が3万石で入封して笠間藩を立藩。江戸時代前期は小笠原吉次(3万石)、松平康長(3万石)、永井直勝(3万石)、浅野長重(5万3千石)、井上正利(5万石)、本庄宗資(4万石)、井上正岑(5万石)と江戸に近く比較的小領地だった事もあり多くの譜代大名が短期間の間に何度も交代しています。永享4年(1747)、牧野貞通が8万石で藩主となりようやく安定した藩政が行われ歴代牧野家が世襲で藩主を勤め明治維新まで続きます。形式上は長岡藩牧野家の支藩的立場を取りましたが、石高が変わらず大きな干渉を受けなかったとされ、逆に確執があったとも言われています。戊辰戦争では長岡藩が奥羽越列藩同盟に組したのに対し、笠間藩では官軍に属し会津若松城(福島県会津若松市)攻略に参加しています。笠間城下は日本三大稲荷と称される笠間稲荷神社の門前町、水戸城下と奥州街道の小山宿を結ぶ結城街道の宿場町にもなり、活気を呈していましたが、牧野氏は幕府からの信任が厚く幕閣の要職が与えられていた為、藩財政は困窮を究めたそうです。
  スポンサーリンク
 

笠間藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代松平康重1601〜16083万石 
初代小笠原吉次1608〜16093万石 
初代松平康長16012〜16163万石 
初代永井直勝1617〜16223.2万石 
初代浅野長重1622〜16325.3万石 
2代浅野長直1632〜16455.3万石 
初代井上正利1645〜16755万石 
2代井上正任1675〜16925万石 
初代本庄宗資1692〜16994万石 
2代松平資俊1699〜17025万石 
初代井上正岑1702〜17225万石 
2代井上正之1722〜17375万石 
3代井上正経1737〜17475万石 
初代牧野貞通1747〜17498万石 
2代牧野貞長1749〜17968万石 
3代牧野貞喜1796〜18178万石 
4代牧野貞幹1817〜18188万石 
5代牧野貞一1818〜18408万石 
6代牧野貞勝1840〜18418万石 
7代牧野貞久1841〜18508万石 
8代牧野貞直1851〜18688万石 
9代牧野貞寧1868〜18718万石 

笠間藩
笠間藩:城下町 笠間藩:城下町 笠間藩:城下町 笠間藩:城下町
笠間藩城下町:名所・旧跡
居城
笠間城
笠間城
崇敬社
笠間稲荷神社
笠間稲荷神社
城内鎮守社
城山出世稲荷神社:笠間城
城山稲荷神社
藩主菩提寺
楞厳寺:笠間市
楞厳寺
藩主祈願所
金剛寺:笠間市
金剛寺
藩主祈願所
観世音寺:笠間市
観世音寺
鬼門鎮守社
大渕天神社:笠間城
大渕天神社
旧家老屋敷跡
旧大石邸跡
旧大石邸跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。