筑西市: 医王寺不動堂

  茨城県:歴史・観光・見所筑西市:観光・観光・見所>医王寺不動堂

概要・歴史・観光・見所
医王寺不動堂(筑西市)概要: 医王寺の創建は鎌倉時代の永仁3年(1295)佐藤英信(佐藤継信の子)が開基及び開山したのが始まりと伝えられています。故郷(福島県福島市飯坂)でも佐藤家の菩提寺である医王寺があり望郷の念から寺名を名付けたとされますが英信が故郷に帰ることはありませんでした。現在の医王寺不動堂は江戸時代中期の享保8年(1723)に再建された三間四面、寄棟、金属板葺、総欅造の建物で内部には厨子(一間社入母屋造、妻入り、正面棟唐破風、桁行0.894m、梁間0.576m、軒高1.288m、棟高2.14m)が安置され共に江戸時代中期の寺院建築の遺構のとして貴重な事から昭和52年(1977)に筑西市指定有形文化財に指定されています(厨子は平成15年:2003年に指定)。

又、医王寺境内にある佐藤英信の墓は江戸時代中期の元禄3年(1690)に当時の住職である竪者法印乗尊が建立したもので、高さ1.64m、厚さ24cm、小松石製、昭和52年(1977)に筑西市指定史跡に指定されています。石造仁王像は左側は延宝5年(1677)に制作されたもので、花崗岩製、像高175cm、右側が寛文10年(1670)に制作されたもので花崗岩製、像高185cm、両像共貴重な事から昭和51年(1976)に筑西市指定史跡に指定されています。山号:月海山。院号:観喜院。

医王寺不動堂:写真

医王寺不動堂
[ 付近地図: 茨城県筑西市 ]・[ 筑西市:歴史・観光・見所 ]
医王寺不動堂 医王寺不動堂 医王寺不動堂 医王寺不動堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。