筑西市: 荒川家住宅

  茨城県:歴史・観光・見所筑西市:観光・観光・見所>荒川家住宅

概要・歴史・観光・見所
荒川家住宅(筑西市)概要: 荒川家住宅主家は昭和8年(1933)に建てられた木造3階、モルタル仕上げ、屋根は宝形状の形態の瓦葺、建築面積139uの建物です。縦長の窓の採用やファンライトと呼ばれる半円形の欄間風レリーフ、丸窓、窓の桟の割り付けなど昭和初期の洋風建築の要素を取り入れながら屋根を和風にするなど帝冠式という当時の時代背景が反映されています。隣接する店蔵は明治40年(1907)の建築で土蔵2階建、切妻、平入り、桟瓦葺、桁行5.5間、梁間3間、建築面積99u、正面1階に下屋庇、白漆喰仕上げの建物で、「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から主家と共に平成11年(1999)に国登録有形文化財に登録されています。又、敷地内に建てられた附属屋(大正時代、木造平屋建、寄棟、桟瓦葺、建築面積50u)、内蔵(明治元年:1868年、土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、桁行4間、梁間3間、白漆喰仕上げ、建築面積50u)、石蔵(明治42年:1909年、石造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行5間、梁間2間半、建築面積83u)も共に国登録有形文化財に登録されています。

荒川家住宅:写真

荒川家住宅
[ 付近地図: 茨城県筑西市 ]・[ 筑西市:歴史・観光・見所 ]
荒川家住宅 荒川家住宅 荒川家住宅 荒川家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。