筑西市: 八幡神社

  茨城県:歴史・観光・見所筑西市:観光・観光・見所>八幡神社

概要・歴史・観光・見所
八幡神社(筑西市)概要: 八幡神社は茨城県筑西市八幡に鎮座している神社です。案内板によると「 創祀年代は詳らかではないが、常夜塔に「一国一社八幡宮」とあるところから鎌倉時代と推定される。祭神は誉田別命で、一般に八幡さまと呼ばれている。本殿は流造、二重虹梁、向拝の頭貫に竜の彫刻、本殿外側に聖賢の彫刻、西側は二十四孝のうち揚香の彫刻である。 筑西市教育委員会 」とあります。八幡神社本殿は江戸時代末期の文久2年(1862)に造営されたもので、一間社流造、茅葺鉄板覆い、桁行1間半、梁間2間半、昭和55年(1980)に筑西市指定文化財に指定されています。又、明治20年(1887)に八幡神社に奉納された「関流産額絵馬」は関流塾「星晴堂」の主催者下条正の門人が奉納したもので、縦36.5cm、横122cm、厚さ4cm、昭和54年(1979)に筑西市指定有形民俗文化財に指定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、鉄板葺き、平入、桁行3間、正面1間入母屋向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ。祭神:誉田別命。

八幡神社:写真

八幡神社
[ 付近地図: 茨城県筑西市 ]・[ 筑西市:歴史・観光・見所 ]
八幡神社 八幡神社 八幡神社 八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。