行方市: 蓮城院

  茨城県:歴史・観光・見所行方市:観光・観光・見所>蓮城院

概要・歴史・観光・見所
蓮城院(行方市)概要: 蓮城院は茨城県行方市麻生に境内を構えている天台宗の寺院です。案内板によると「 医王山蓮城院東光寺と称し、貞和2年(1346)東範上人の開基である。大同2年(807)創建の寺院が、大麻神社の別当を兼務したとの伝承と、神社の近くに東光寺の地名があることから、蓮城院発祥の地は台地であると考えられる。明治13年の大火で寺院の大半が焼失したが、本堂の彫刻及び虚空蔵尊は幸いその難を免れ現存する。明治11年から大正15年まで行方郡役所がここに置かれた。 麻生町 」とあります。毎月の縁日には護摩祈祷が行われ、4年に一度は虚空蔵菩薩の稚児行列が行われていました。蓮城院本堂は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。山号:医王山。院号:蓮城院。寺号:東光寺。宗派:天台宗。

蓮城院:写真

蓮城院
[ 付近地図: 茨城県行方市 ]・[ 行方市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。