水戸偕楽園(日本三名園)

  茨城県:歴史・観光・見所水戸市:観光・観光・見所>水戸偕楽園(日本三名園)

概要・歴史・観光・見所
水戸偕楽園(日本三名園)概要: 水戸偕楽園は金沢兼六園(石川県金沢市:国指定特別名勝)、岡山後楽園(岡山県岡山市:国指定特別名勝)と共に「日本三名園」の1つに数えられる名園です。天保4年(1833)、9代水戸藩主徳川斉昭が領内を巡視した際、当地である七面山(常磐台)と眼下に広がる千波湖を領内随一の景勝地として遊園の開発を決意し、天保10年(1839)に「衆と偕に楽しむ」といった趣旨を「偕楽園記」にまとめました。作庭は天保12年(1841)から天保13年(1842)に掛けて行われ敷地の東側を梅林、西に竹林と杉林、それら望む位置に藩主の休息所である好文亭が建てられました。偕楽園開園当初は武士や神官・修験・僧侶などに利用が限られていましたが、創建の趣旨を準じて次第に一般庶民にも開放され毎月3と8が付く日には入園する事が出来ました。

好文亭は晋の武帝が「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれば則ち梅開かず(私が学問を励むと梅が咲き、学問を止めると梅が萎む)」との故事から名付けられ斉昭自ら設計に参加したと言われる名建築です。内部には「菊の間」、「桃の間」、「つつじの間」、「桜の間」、「萩の間」、「紅葉の間」、「松の間」、「竹の間」、「梅の間」、「清の間」、「御座の間」、「茶室」などの部屋があり、それぞれ随所に数奇屋的趣向が見られ、建材も吟味されました。3階の楽寿楼からは千波湖が一望出来、水戸八景(斉昭が天保4年:1833年に水戸領内の8つの景勝地を選定した。青柳夜雨・太田落雁・山寺晩鐘・広浦秋月・水門帰帆・村松清嵐・僊湖暮雪・厳船夕照)の「僊湖莫雪」にも選定されていました。

偕楽園は昭和20年(1945)に太平洋戦争の空襲により被災し好文亭も焼失しましたが昭和33年(1958)に創建当時の姿に再建しています。偕楽園の梅林は斉昭が飢饉と軍備に役立てようと考え水戸藩(藩庁:水戸城)の江戸藩邸の梅の実を採取して植えたものとされ当時は1万本(現在は約100種、3000本)を数えていたそうです。明治6年(1873)に常磐神社の境内と切り離し偕楽園の敷地面積が11万uとなりましたが近年、眼下に新たに拡張され世界最大級の都市公園(平成11年:1999年に千波公園などを併せて偕楽園公園となった。)になったそうです。表門は切妻、茅葺、一間一戸、腕木門。偕楽園は大正11年(1922)に国指定史跡及び名勝に指定されています。

水戸偕楽園:写真

偕楽園・全景1
好文亭の上層部から見下ろした全景
偕楽園:表門
趣のある茅葺屋根の表門(黒門)
偕楽園:南門
渋い南門
偕楽園:芝前門
芝前門
偕楽園:好文亭・内庭1
好文亭に作庭された庭園(内庭)
偕楽園:好文亭:庭園から見た縁側と桜の間
庭園(内庭)から見た縁側と桜の間
偕楽園:偕楽園・庭園の借景となる園内全景2
庭園(内庭)の借景となる園内全景
偕楽園:好文亭・内庭から見た縁側と梅林
内庭から見た縁側と梅林
偕楽園:好文亭外観
好文亭外観
偕楽園:好文亭遠景
園内から見た好文亭遠景
偕楽園:梅園
梅園
偕楽園:大杉森
大杉森
偕楽園:孟宗竹林
孟宗竹林


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。