水戸市: 綿引家住宅

  茨城県:歴史・観光・見所水戸市:観光・観光・見所>綿引家住宅

概要・歴史・観光・見所
綿引家住宅(水戸市)概要: 綿引家住宅は元吉田東交差点に位置し、建物は江戸時代末期に建てられた木造平屋建、寄棟、茅葺、棟部分が丸瓦で押え、煙り出し付、直屋形式の農家住宅です。綿引家(常陸国の豪族に綿引氏の一族の後裔と思われます)は吉田村の庄屋や村役を歴任した家柄だった為、平面も特徴があらわれていて、土間が狭く、居住空間が広く、座敷には書院付きの床の間があり欄間には透かし彫りがあるなど随所に格式が高い造りになっています。敷地内には水戸藩(藩庁:水戸城)の藩命(備荒蓄稗の制:江戸時代、凶作・飢饉に備えて米・金をたくわえた制度。)により飢饉に備え木造2階建、切妻、茅葺、外壁は真壁造り、素木板張の「お稗倉」が建てられています。綿引家住宅(主屋・蔵)は江戸時代末期の豪農建築の遺構として貴重な事から平成3年(1991)に茨城県指定重要文化財に指定されています。

綿引家住宅:写真

綿引家住宅
[ 付近地図: 茨城県水戸市 ]・[ 水戸市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。