水戸市: 六地蔵寺

  茨城県:歴史・観光・見所水戸市:観光・観光・見所>六地蔵寺

概要・歴史・観光・見所
六地蔵寺(水戸市)概要: 六地蔵寺は茨城県水戸市六反田に境内を構えている真言宗の寺院です。の創建は寛平3年(891)ごろに開山したのが始まりと伝わっています。一時衰退しましたが室町時代中期、恵範法印が中興し2000冊以上の書物を所蔵するにいたります。歴代領主である大掾氏、佐竹氏から帰依され江戸時代からは歴代水戸藩(藩庁:水戸城)から庇護、寺領35石を安堵されます。六地蔵寺は水戸藩真言宗四檀林(光明院・宝鏡寺・六地蔵寺・一乗院)の1つとして寺運も隆盛し、2代藩主徳川光圀も当寺に訪れ法宝蔵を建立したといいます。

六地蔵寺山門は室町時代に建立されたと推定される茅葺屋根の四脚門で昭和46年(1971)に茨城県指定重要文化財に指定されています。地蔵堂は元禄13年(1700)に再建されたもので寄棟造(裳階付)、銅板葺(旧茅葺)、平入、桁行3間、梁間3間、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ。法宝蔵は江戸時代初期に徳川光圀によって造営されたもので、土蔵平屋建、寄棟、桟瓦葺、平入、桁行2間、梁間1間、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁はなまこ壁。六地蔵寺本堂は入母屋、本瓦葺、平入、正面1間向拝付、内部には歴代の将軍家、水戸徳川家の位牌が安置されています。六地蔵寺には寺宝も多く朱漆足付盥や絹本著色両界曼荼羅、絹本著色弘法大師像などを所有しています。宗派:真言宗。本尊:地蔵菩薩(伝:行基菩薩作、丈六の地蔵尊6体)。茨城百景。

六地蔵寺の文化財
・ 朱漆足付盥−室町時代−国指定重要文化財
・ 四脚門−室町時代−切妻、茅葺−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色両界曼荼羅−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色弘法大師像−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色真言八祖像−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色十二天立像−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色六字経曼荼羅−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色十三仏図−室町時代−茨城指定重要文化財
・ 絹本著色釈迦十六善神図−南北朝時代−茨城指定重要文化財
・ 紙本著色制た迦童子立像−江戸時代−茨城指定重要文化財
・ 六地蔵寺所蔵典籍・文書−茨城指定重要文化財
・ 紙本墨書 神皇正統記・六地蔵寺本−茨城指定重要文化財
・ 六地蔵寺法寶蔵-江戸-土蔵造平屋建,桟瓦葺,平入-水戸市指定文化財
・ 六地蔵寺地蔵堂-元禄13年-寄棟,銅板葺,裳階付-水戸市指定文化財

六地蔵寺:写真

六地蔵寺
[ 付近地図: 茨城県水戸市 ]・[ 水戸市:歴史・観光・見所 ]
六地蔵寺 六地蔵寺 六地蔵寺 六地蔵寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。