かすみがうら市・歴史・観光

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)>かすみがうら市
茨城県・見所
 ・ 水戸市
 ・ かすみがうら市
 ・ 土浦市
 ・ 古河市
 ・ 石岡市
 ・ 筑西市
 ・ 結城市
 ・ 龍ヶ崎市
 ・ 下妻市
 ・ 常総市
 ・ 常陸太田市
 ・ 稲敷市
 ・ 行方市
 ・ 笠間市
 ・ 取手市
 ・ 坂東市
 ・ 牛久市
 ・ つくば市
 ・ つくばみらい市
 ・ 八千代町
 ・ 潮来市
 ・ 守谷市
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・
かすみがうら市・歴史・観光・見所
かすみがうら市概要: かすみがうら市かすみがうら市の起こりは鎌倉時代地頭だった下河辺政義が志筑城を築き領内を治めたのが始まりとされます。200年に渡り下河辺氏(益戸氏)がかすみがうら市周辺を支配しましたが、室町時代に入り南北朝争乱で敵対した大掾氏に敗れ急速に衰退していきます。江戸時代に入ると慶長7年(1602)本堂氏が8983石から8500石に減封され本堂(秋田県美郷町本堂)から志筑領主となり、志筑陣屋を築き領内を整備、10代本堂親久は2010石加増され1万110石となり大名に列すると改めて志筑藩を立藩しています。領内には水戸街道が開削され、稲吉宿には本陣を始め17軒もの旅籠が軒を連ね活気を呈しましたが周辺住民の負担も大きく藩も疲弊し一揆が度々起こっています。安永7年(1778)には"助六一揆"が起こり領内25カ村の農民が集結した大一揆となり本堂氏の江戸屋敷へ強訴、首謀者は尽く斬首され水戸街道にさらし首になったそうです。文化9年(1812)には志筑藩家老横手義忠が義倉の制度を施行し農民救済に勤めましたが幕末にかけて藩財政は困窮しました。
かすみがうら市
かすみがうら市 かすみがうら市 かすみがうら市 かすみがうら市
かすみがうら市:観光・見所
稲吉宿本陣
稲吉宿本陣
稲吉宿本陣
木村家住宅
木村家住宅
木村家住宅
椎名家住宅
椎名家住宅
椎名家住宅
福田家住宅
旧福田家住宅
旧福田家住宅
歩崎観音
歩崎観音
歩崎観音
松学寺
松学寺
松学寺
最勝寺
最勝寺
最勝寺
法蔵寺
法蔵寺
法蔵寺
霞ヶ浦
霞ヶ浦
霞ヶ浦
長興寺
長興寺
長興寺
千手観音堂
千手観音堂
千手観音堂
 
かすみがうら市
 
 
かすみがうら市
 
 
かすみがうら市
 
 
かすみがうら市
 
茨城県(ホーム)

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県WEB観光案内所>かすみがうら市」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。