かすみがうら市: 旧福田家住宅

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)かすみがうら市:歴史・観光・見所>旧福田家住宅

旧福田家住宅
旧福田家住宅
[ 付近地図: 茨城県かすみがうら市 ]・[ かすみがうら市:歴史・観光・見所 ]
旧福田家住宅 旧福田家住宅 旧福田家住宅 旧福田家住宅
概要・観光・歴史・見所
旧福田家住宅(かすみがうら市)概要: 旧福田馨家住宅は江戸時代中期(18世紀初頭)に旧有河村に建てられた上層農家住宅です。木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、外壁は真壁造り、土壁鏝押え、平面はL字型で突出部が厩である事から曲屋と呼ばれる民家形式にあたります(突出部に厩の他、玄関がある場合な中門造)。間取り的には椎名家住宅などこの地域でよく見られる"ひろま型"(土間と日常生活が営まれる広間が一体で、広間は板敷、天井が無くと土間との境となる壁や建具が設けられない形式)の典型とされ、その他にも片袖壁や格子窓、座敷の押し、板間など江戸時代中期の特徴が見られます。敷地内には旧牛渡村にあった旧福田与兵衛家板倉(天保14年:1843年建築、木造つし2階建、片側寄棟、片側兜屋根、平入、茅葺、外壁板張)も隣接されています。旧福田馨家住宅は江戸時代中期の上層農家建築の遺構、旧福田与兵衛家板倉は建築年代が明確で当時の板倉建築の遺構として貴重なことから平成5年(1993)、かすみがうら市指定有形文化財に指定されています。現在は当初地である旧有河村と旧牛渡村からかすみがうら市の「民家園」に移築保存され一般公開されています。

 茨城県かすみがうら市観光・旅行見所ナビ:
旧福田家住宅稲吉宿本陣歩崎観音(長禅寺)法蔵寺霞ヶ浦木村家住宅(旅籠皆川屋)最勝寺千手観音堂椎名家住宅松学寺長興寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県WEB観光案内所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。