つくば市: 太塚家住宅

  茨城県:歴史・観光・見所つくば市:観光・観光・見所>太塚家住宅

概要・歴史・観光・見所
太塚家住宅(つくば市)概要: 太塚家は太田道灌の血族と伝わる旧家で戦国時代は当地を長く支配した小田城の城主小田家の家臣だった家柄です。小田家は天正18年(1590)の小田原の役で北条方として行動した為改易となり没落、これ機に太塚家は当地に土着し帰農したと思われます。江戸時代に入ると名主などの上役を歴任し集落の中心的(支配層)な立場を得ていました。現在の建物は18世紀前期(正徳〜享保)に建てられた上層農家建築で寄棟、茅葺、直屋形式、桁行18.5m、梁間11.6m、西側に厩部分(寄棟、茅葺、桁行4.8m、梁間5.7m)が張出しているのが当地方の農家建築の特徴の1つとなっています。内部は向って左3分1が土間で残り3分2は4間取りの居室部分で土間面が「ヨコザ」(10畳)、「チャノマ」(10畳)、東面が「オクザシキ」(10畳+床の間+仏壇)、「ネドコロ」(7畳)となっています。往時は庄屋だった事から役人との接点が多く、オクザシキには床の間が設置され正面は現在は畳敷きの縁側になっていますが式台付きの玄関が設けられていたと思われます。又、太塚家住宅は江戸時代前期の特徴と後期の特徴が混在するのも特徴で建築様式が移行する経緯がわかる遺構として大変貴重な存在で、昭和51年(1976)に国指定重要文化財に指定されています。

太塚家住宅:写真

太塚家住宅
[ 付近地図: 茨城県つくば市 ]・[ つくば市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。