つくば市: 北斗寺

  茨城県:歴史・観光・見所つくば市:観光・観光・見所>北斗寺

概要・歴史・観光・見所
北斗寺(つくば市)概要: 北斗寺は茨城県つくば市栗原に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。北斗寺の創建は平安時代の弘仁年間(810〜824年)、最仙上人が勅命により妙見菩薩を本尊として堂宇を建立したのが始まりと伝えられています。妙見菩薩は北斗七星を司る仏様で商売繁盛、学業成就、勝負開運に御利益があり「妙見さま」として広く信仰されてきました。当初は栗原台にありましたが鎌倉時代に小田に移り、更に藤沢に移った後、江戸時代初期の万治年間(1658〜1661年)に現在地に再建されました。現在の北斗寺本堂は元禄16年(1720)に造営されたもので、木造平屋建て、桁行3間、張間3間、入母屋、銅板葺、一間向拝付き、建物全体が朱色で塗られ細部に精巧な彫刻が施されています。又、寺宝も多く、文化財も多数所有しています。宗派:真言宗豊山派。本尊:妙見菩薩。

北斗寺の文化財
・ 北斗寺仏儀次第-鎌倉時代-茨城県指定重要文化財
・ 絹本著色興教大師画像-鎌倉末〜南北朝初-つくば市指定文化財
・ 絹本著色黄不動明王画像-茨城県指定重要文化財
・ 絹本著色釈迦十六善神画像-南北朝時代-つくば市指定文化財
・ 後奈良天皇歌切−茨城県指定重要文化財

北斗寺:写真

北斗寺
[ 付近地図: 茨城県つくば市 ]・[ つくば市:歴史・観光・見所 ]
北斗寺 北斗寺 北斗寺 北斗寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。