稲敷市: 和田岬・浮島

  茨城県:歴史・観光・見所稲敷市:歴史・観光・見所>和田岬・浮島

概要・歴史・観光・見所
和田岬・浮島(稲敷市)概要: 和田岬の突端は古くは"信太の浮島"と呼ばれた独立した島で風光明媚な景勝地として有名な場所でした。古くから知られ奈良時代に編纂された常陸国風土記(和銅6年:713年から養老5年:721年に編纂された現在は原本が存在せず、写本のみとなっています。又、当時の地勢的な記述以外は、古老などの口伝を纏めたものとされます。)にも地名と共に当時の様子が記述されており、製塩業と稲作(78町余)を生業として15戸の人家があったそうです。歌人紀貫之はこの地を見て「 桜川 瀬々の白波 しげければ 霞うながす 信太の浮島 」と詠っています。又、浮島には景行天皇(第12代天皇・在位:71〜130年)が1ヵ月滞在した"帳宮"跡や保元の乱(1156)で崇徳上皇(第75代天皇・在位:1123〜1142年)に与し敗れた藤原教長卿(丹波国・越前国・阿波国の国司、正三位・参議、保元の乱鎮圧後常陸国信太の浮島に流され、6年後の応保2年:1162年に都に召還され、高野山に入った。)の配所跡などがあります。

和田岬・浮島:写真

和田岬・浮島
[ 付近地図: 茨城県稲敷市 ]・[ 稲敷市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。