稲敷市: 高田神社

  茨城県:歴史・観光・見所稲敷市:歴史・観光・見所>高田神社

概要・歴史・観光・見所
高田神社(稲敷市)概要: 高田神社は茨城県稲敷市高田に鎮座している神社です。高田神社の創建は平安時代の承平年間(931〜937年)に平将門の乱の平定を祈願するため朱雀天皇(第61代天皇・在位:930〜946年)の勅命により熊野大社(和歌山県)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。以来、広く信仰を集め、寛治年間(1087〜1092年)には天皇の勅願所に制定され東条庄総鎮守として崇敬され、源頼朝も文治年間(1185〜1189年)に奥州合戦の戦勝祈願に参拝しており社領として東条庄500町歩を寄進しています。南北朝動乱時の延元3年(1338)、北畠親房(北朝)が神宮寺城に籠城した際には、高田神社の社僧(神官)である千田内蔵助義信が南朝に与し敵対した為、戦乱終結後社領を取り上げられ一時衰退します。2代将軍足利義詮(在位:1358〜1367年)の代に社領10町3反が安堵され一応の再興が図られています。慶長5年(1600)、徳川家康が上杉討伐の為、小山(栃木県小山市)まで進軍した際には高田神社の社僧達も従軍した事から、慶長7年(1602)に家康から社領250余石が安堵されました。古くから神仏習合していましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され明治4年(1871)に郷社に列しています。

近年まで享保18年(1733)に造営された社殿が残っていましたが平成2年(1990)の火事により焼失し平成9年(1997)に再建されています(社宝だった天井画336枚・三十六歌仙絵画・緑樹園元有などの狂歌額なども同時に焼失)。境内一帯は樹齢350年以上の巨木や希少の動植物などが存在し貴重な事から名称「高田権現自然環境保全地域」として昭和53年(1978)に茨木県の自然環境保全地域に指定されています。祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、熊野神王櫛御気野命、速玉之男命、事解之男命、撞榊厳霊天疎向媛命、菊理比売命、菅原道真。

高田神社:写真

高田神社
[ 付近地図: 茨城県稲敷市 ]・[ 稲敷市:歴史・観光・見所 ]
高田神社 高田神社 高田神社 高田神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。