結城市: 孝顕寺

  茨城県:歴史・観光・見所結城市:観光・観光・見所>孝顕寺

概要・歴史・観光・見所
孝顕寺(結城市)概要: 孝顕寺の創建は永正12年(1515)結城氏15代政朝が独峰曇聚禅師を招いて開いたのが始まりとされます。当初は永正寺と称し玉岡の地にありましたが、政朝が天文16年(1547)に死去すると16代政勝が政朝の法名「永正寺殿宗明孝顕寺大居士」から孝顕寺と改称しています。17代晴朝は引き続き庇護し寺領として弁天島(立町)の土地を寄進し慶長4年(1599)15代秀康(徳川家康の二男)により現在地に移され七堂伽藍を造営しています。江戸時代に入り秀康が越前に転封となると、2派に分かれ越前派は秀康の菩提寺となり、結城派は新たに結城藩主となった水野家の歴代の菩提寺(位牌所)として庇護され、境内には10代藩主水野勝知の墓碑が建立されています。又、修行道場としても寺運が隆盛し常時十数名の修行僧が修行に励んでいました。

現在の孝顕寺山門(三門)は江戸時代中期に建てられたもので三間三戸、八脚、入母屋、瓦葺、楼門形式、全体を朱色に塗り2層目には高欄を廻しています。山門は当時の楼門建築の遺構として貴重なことから昭和52年(1977)に結城市指定文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

孝顕寺の文化財
・ 孝顕寺山門−江戸時代中期−三間三戸,八脚楼門−結城市指定有形文化財
・ 紙本著色武者肖像画(結城政朝像)-桃山-54.8×39.7cm-茨城県指定文化財
・ 紙本著色結城晴朝肖像画−江戸初期-55.6×40.4cm-茨城県指定文化財
・ 紙本著色結城政朝夫人肖像画-桃山-54.9×40.0cm-茨城県指定文化財
・ 結城御朱印堀(結城城跡)-安土桃山時代-茨城県指定史跡

孝顕寺:写真

孝顕寺
[ 付近地図: 茨城県結城市 ]・[ 結城市:歴史・観光・見所 ]
孝顕寺 孝顕寺 孝顕寺 孝顕寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。