結城市: 安穏寺

  茨城県:歴史・観光・見所結城市:観光・観光・見所>安穏寺

概要・歴史・観光・見所
安穏寺(結城市)概要: 結城山大寂院安穏寺は茨城県結城市大字結城に境内を構えている曹洞宗の寺院です。安穏寺の創建は天平年間(757〜765年)、鑑真和上の高弟である祚蓮律師によって開かれたのが始まりと伝えられています。当初は律宗の寺院でしたが応安2年(1369)、当時の領主結城家8代直光が源翁禅師を招いて曹洞宗に改宗開山しています。源翁禅師は南北朝時代の曹洞宗の高僧で安穏寺で4年間住職を勤めた後、朝廷で玉藻前に姿を変え鳥羽上皇に取り入った九尾のキツネが変化した殺生石(栃木県那須温泉)を退治した事でも知られています。その後は結城家縁の寺院として庇護され16代結城政勝(法名:安穏寺殿大雲藤長居士)は自らの菩提寺とし17代結城晴朝は吉凶を占っています。

現在の安穏寺本堂は天保12年(1841)に建てられたもので寄棟、桟瓦葺、平入、桁行6間、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、「結城山」の山号額が掲げられています。山門は18世紀後半に建てられたもので三間一戸、八脚楼門、入母屋、銅板葺、2層目には高欄が廻り、開口部は花頭窓、外壁は朱色で塗られ「赤門」の別称があり山門の下を通るとキツネつきが治るという言い伝えがあります。 寺宝には室町時代に制作された払子(源翁和尚所持)と数珠(源翁和尚の愛用品)がありそれぞれ昭和32年(1963)に茨城県指定重要文化財に指定されています。山号:結城山。院号:大寂院。宗派:曹洞宗。本尊:薬師如来。

安穏寺の文化財
・ 払子(一振)−室町時代−総長80cm−茨城県指定重要文化財
・ 数珠(一連)−室町時代−総長104cm−茨城県指定重要文化財
・ 山門-18世紀後半-三間一戸,八脚楼門,入母屋,銅板葺-結城市指定文化財
・ 源翁禅師頂相-室町初期〜江戸初期-長64.8p,幅32p-結城市指定文化財

安穏寺:写真

安穏寺石造寺号標と参道石畳
[ 付近地図: 茨城県結城市 ]・[ 結城市:歴史・観光・見所 ]
安穏寺参道から見た山門(楼門) 安穏院山門(楼門)から見た境内 安穏寺境内から見た本堂正面 安穏寺本堂外壁


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。