土浦市: 中貫宿本陣

  茨城県:歴史・観光・見所土浦市:観光・観光・見所>中貫宿本陣

概要・歴史・観光・見所
中貫宿本陣(土浦市)概要: 水戸街道の中貫宿本陣は本橋家が代々歴任していましたが、中貫宿本陣一般的に参勤交代で水戸街道を経路とする大名は宿泊ではなく休息で利用していました。現在の建物は元治元年(1864)、天狗党の乱(土浦藩の尊皇攘夷激派による争乱:元治甲子の変。)の兵火により焼失後に再建されたもので木造平屋建(一部2階建)、寄棟、瓦葺(元茅葺)、平入、桁行7.5間、梁間5.5間、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、玄関屋根は唐破風銅板葺、通常の農家建築より屋根が高く、幅2.5間の式台付き玄関があるなど格式が感じられます。表門は切妻、桟瓦葺の高麗門(本柱の背後に控え柱を設け、その間にも小さな切妻屋根を被せる屋根形式)。土蔵は木造2階建、切妻、桟瓦葺、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ。現在水戸街道には中貫宿の他、取手宿本陣:染野家住宅(取手市:茨城県指定重要文化財・取手市指定史跡)・稲吉宿本陣:坂本家住宅(かすみがうら市:かすみがうら市指定有形文化財)しか本陣建築の遺構が見られない事から貴重とされ昭和46年(1971)に土浦市指定有形文化財に指定されています。

中貫宿本陣:写真

中貫宿本陣
[ 付近地図: 茨城県土浦市 ]・[ 土浦市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。