石岡市: 盛賢寺

  茨城県:歴史・観光・見所石岡市:観光・観光・見所>盛賢寺

概要・歴史・観光・見所
盛賢寺(石岡市)概要: 霊通山盛賢寺は茨城県石岡市井関に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。盛賢寺の創建は元禄2年(1689)、水戸藩(藩庁:水戸城)徳川光圀が那珂郡額田に領内巡視を行った際、醍醐三宝院末阿弥陀堂(弘安年間:1278〜1287年に京都三宝院系統の祈祷道場として開山。)が余りににも素晴らしかった事から現在地まで阿弥陀堂を引屋し、玄盛和尚を招いて開山したのが始まりと伝えられています。江戸時代は水戸藩の祈願所として信仰を集め多くの善男善女が参拝に訪れましたが江戸時代末期の慶応年間(1865〜1868年)頃から衰退し明治時代初頭には無住になったそうです。

現在の盛賢寺阿弥陀堂は天明4年(1784)に焼失後に再建されたもので三間四面、入母屋、銅板葺(元茅葺)、一間向拝付きの建物で組物や精巧な彫刻が施されていています。盛賢寺阿弥陀堂は江戸時代中期に建てられた寺院御堂建築の遺構として貴重な事から昭和53年(1978)に石岡市指定有形文化財に指定されています。

盛賢寺の寺宝には伝狩野正信作の「十六善神」、春日仏師作(伝)の阿弥陀如来像などがあり正面仁王門(切妻、本瓦葺、三間一戸、八脚単層門)に安置されている仁王像は石岡市指定有形文化財に指定されています。山号:霊通山。宗派:真言宗豊山派。本尊:大日如来。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-石岡市教育委員会

盛賢寺:写真

盛賢寺:境内正面に設けられた自然石の寺号標
境内正面に設けられた自然石の寺号標
盛賢寺:庭園越に見える本堂正面
庭園越に見える本堂正面
盛賢寺:本堂正面と回向柱
本堂正面と回向柱
盛賢寺:本堂の向拝と外壁
本堂の向拝と外壁
盛賢寺:庭園の植栽と石燈篭
庭園の植栽と石燈篭


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。