石岡市: 若宮八幡神社

  茨城県:歴史・観光・見所石岡市:観光・観光・見所>若宮八幡神社

概要・歴史・観光・見所
若宮八幡神社(石岡市)概要: 若宮八幡神社の創建は奈良時代の神亀5年(728)に勧請されたの始まりと伝えられています。以来、歴代領主や権力者などに崇敬され平安時代後期の永保3年(1083)には後三年合戦の戦勝祈願に源義家が参拝に訪れ、室町時代の応仁3年(1469)には太田道灌が武運長久を祈願しています。天正18年(1590)、佐竹氏の府中城侵攻の兵火により荒廃しましたが寛永4年(1627)、府中藩(藩庁:府中陣屋)の藩主皆川氏により再興され以後、皆川氏の崇敬社となり社領10石が安堵されました。その後の藩主も崇敬庇護し、寛文5年(1665)には当時の藩主松平氏が本殿の改修を行っています。現在の社殿(桁行3間、梁間3間、入母屋、妻入、銅板葺、棟唐破風一間向拝付)は元文年間(1736〜1741年)に再建されたもので江戸時代中期の神社本殿建築の遺構として貴重な事から石岡市指定有形文化財に指定されています。神門も社殿と同時期に建てられたもので、切妻、桟瓦葺、三間一戸、八脚単層門。祭神は息長足姫尊、誉田別尊、姫大神。

若宮八幡神社:写真

若宮八幡神社
[ 付近地図: 茨城県石岡市 ]・[ 石岡市:歴史・観光・見所 ]
若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社 若宮八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。