龍ヶ崎市: 安楽寺

  茨城県:歴史・観光・見所龍ヶ崎市:観光・観光・見所>安楽寺

概要・歴史・観光・見所
安楽寺(龍ヶ崎市)概要: 安楽寺は茨城県龍ケ崎市川原代町に境内を構えている天台宗の寺院です。安楽寺の創建は平安時代に平国香の子貞盛が開いたと伝えられる寺院で、境内は承平5年(935)に平将門と国香が戦った藤代川合戦の古戦場だった推測されています。安楽寺の境内周辺には平国香の墓碑とも供養塔とも云われる宝筐印塔があり興味深いところです。天正16年(1588)には多賀谷政経と岡見宗治が合戦となり、敗れた岡見宗治は安楽寺に逃れ、裏門から舟に乗り落ち延びたと伝えられ、安楽寺も兵火により多くの堂宇や寺宝、記録などが焼失しています。

安楽寺の寺宝である鰐口は南北朝時代の制作され文和2年(1353)に大勧進沙門が賢海法印(天台宗の高僧)が安楽寺に来住されたのを記念して納めたもので、詳細が左右に彫銘に記されています(右「総州相馬郡河原代安楽寺鰐口也・天台堅者賢海法印住之砌」・左「文和二年癸己六月十九日大勧進沙門榮金」)。安楽寺鰐口は昭和33年(1958)に茨城県指定重要文化財に指定されています。山号:恵雲山。院号:蓮華院。宗派:天台宗。

安楽寺:写真

安楽寺
[ 付近地図: 茨城県龍ヶ崎市 ]・[ 龍ヶ崎市:歴史・観光・見所 ]
安楽寺 安楽寺 安楽寺 安楽寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。