かすみがうら市: 椎名家住宅

  茨城県:歴史・観光・見所かすみがうら市:観光・観光・見所>椎名家住宅

概要・歴史・観光・見所
椎名家住宅(かすみがうら市)概要: 椎名家住宅は茨城県かすみがうら市加茂に屋敷を構えている古民家です。椎名家は村役を務めた事もある上層農家で江戸時代前期(寛永年間:1624〜1645年)には既にこの地に土着していた旧家としても知られています。現在の建物は延宝2年(1674)に建てられたもので建築年代がはっきり分かるものとしては東日本最古の農家建築とされています(墨書に「延宝弍年きのえ寅十二月三日 此当主椎名茂右衛門 三十七年」の銘が発見された)。形式は木造平屋建て、直屋造り、寄棟、茅葺、煙り出し付、平入、桁行15.3m、梁間9.6m、外壁は真壁造り、土壁鏝押え、腰壁は縦板張り、間取りは千葉県北部から茨城県南部にかけて見られる"ひろま型(「ねま」が「ひろま」の後方へ張り出す平面形式)"で椎名家住宅はその典型的なものとされています。

椎名家住宅内部は向かって左側3分1が土間で残りの部分に広間(板敷)、座敷(畳敷)、寝間(畳敷)、玄関が配されていました。広間と土間との間は段差と一部の下がり壁のみで天井も無く空間的には一体で構成され日常生活の中心として機能していました。格子戸の丸竹や蛤刃手斧、槍鉋といった当時の大工道具で仕上げられ、土間の独立柱や開口部の閉鎖性など古式が継承されています。椎名家住宅は江戸時代前期に建てられた上層農家建築の遺構として大変貴重な事から昭和43年(1968)に国指定重要文化財に指定されています。

椎名家住宅:写真

椎名家住宅
[ 付近地図: 茨城県かすみがうら市 ]・[ かすみがうら市:歴史・観光 ]
椎名家住宅 椎名家住宅 椎名家住宅 椎名家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。