かすみがうら市: 千手観音堂

  茨城県:歴史・観光・見所かすみがうら市:観光・観光・見所>千手観音堂

概要・歴史・観光・見所
千手観音堂(かすみがうら市)概要: 千手観音堂は元禄15年(1702)、領主である本堂氏を中心に近隣住民達の浄財により建てられた、三間四面、入母屋、鉄板瓦棒葺、平入、一間向拝の建物で欄間から上部が朱色に塗られ細部に施された精巧な彫刻(欄間には龍、木鼻には象、獅子)は白色に塗られ対比させています。千手観音堂は江戸時代中期に建てられた御堂建築の遺構として貴重なことから昭和46年(1971)にかすみがうら市指定有形文化財に指定されています。本尊である十一面千手観音立像(昭和38年:1963年茨城県指定重要文化財に指定)は鎌倉時代に制作されたと推定される像で檜材、寄木造、像高189センチ、台座43センチ、金箔塗り、現在は保護保存の為、隣接してコンクリートの収蔵庫に安置されています。境内には聖徳太子供養塔や馬頭観音碑、阿弥陀如来石仏、地蔵尊石仏など多くの石碑、石仏が建立されており信仰の篤さが窺えます。

千手観音堂:写真

千手観音堂
[ 付近地図: 茨城県かすみがうら市 ]・[ かすみがうら市:歴史・観光 ]
千手観音堂 千手観音堂 千手観音堂 千手観音堂

スポンサーサイト

千手観音堂:周辺・見所
旧福田家住宅 稲吉宿本陣
歩崎観音(長禅寺) 法蔵寺
霞ヶ浦 木村家住宅(皆川屋)
最勝寺 千手観音堂
椎名家住宅 松学寺
長興寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。