常総市: 五木宗レンガ蔵

  茨城県:歴史・観光・見所常総市:観光・観光・見所>五木宗レンガ蔵

概要・歴史・観光・見所
五木宗レンガ蔵(常総市)概要: 五木宗レンガ蔵は明治15年(1882)に建てられたと伝えられる建物で、煉瓦造3階建、建築面積18u(延面積54u)、高さ10m、寄棟、銅板葺きです。五木田家は代々水海道河岸で栄えた廻船問屋の一つで、醸造業や廻漕業も営んでいました。江戸時代末期から明治時代にかけて鬼怒川舟運が飛躍的に発展、五木田家も財を成し象徴的な建物としてレンガ蔵が建てられ「五木宗」と呼ばれていました(明治25年:1892年に発刊された「大日本博覧図」にも記載)。現在は内部改修や構造補強などを施してギャラリー兼資料展示スペースとして再利用されています。五木宗レンガ蔵は明治時代中期に建てられた煉瓦造3階建物として貴重で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成12年(2000)に国登録有形文化財に登録されています。

五木宗レンガ蔵:写真

五木宗
[ 付近地図: 茨城県常総市 ]・[ 常総市:歴史・観光・見所 ]
五木宗 五木宗 五木宗 五木宗


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県:歴史・観光・見所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。