土浦市: 清滝寺

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)土浦市:歴史・観光・見所>清滝寺

清滝寺
清滝寺
[ 付近地図: 茨城県土浦市 ]・[ 土浦市:歴史・観光・見所 ]
清滝寺 清滝寺 清滝寺 清滝寺
概要・観光・歴史・見所
清滝寺(土浦市)概要: 清滝寺の創建は不詳ですが伝承にようと推古天皇15年(607)、推古天皇の勅願により聖徳太子が龍ヶ峰山頂の御堂を設け自作の聖観音像を安置したのが始まりとされます。又、「坂東霊場記」によると筑波山に鎮座する筑波山神社の2神が当地を訪れた際、喉の渇きを覚え杖を突き刺したところ南北2カ所から霊泉が滾々と湧き出し、その後訪れた行基菩薩が霊地と悟り南側の霊泉の方に一宇を設け、自ら彫り込んだ聖観音像を安置したのが始まりとされます。大同3年(808)には徳一大師(坂東霊場記では花山法皇)が中興し、当初あった龍ヶ峯から中腹(古観音)へ移したとされ、小野小町も清滝寺に参拝したとの伝説も残っています。中世は領主である小田城城主小田氏の庇護となり寺運も隆盛し清滝寺の境内には七堂伽藍が軒を連ねていたそうです。戦国時代末期になると小田氏は佐竹氏や北条氏などの大大名に囲まれ領内が度々戦場となり清滝寺も天正年間(1573〜1592年)に兵火により焼失します。さらに小田氏は天正15年(1590)の小田原の役に参加しなかった事で領地が認めらず没落、清滝寺は庇護者を失い一時衰退します。江戸時代に入ると幕府から庇護され朱印状を賜り再び隆盛し元禄年間(1688〜1701年)には本堂を再建します。明治維新後神仏分離令などもあり急速に衰退し、無住になるなどしましたが再度再興しています。昭和44年(1969)の火災により本堂や本尊など多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失し、当時からの建物は山門(楼門)だけになりました(現在の本堂は昭和52年:1977年に再建。宝形造、銅瓦棒葺、桁行4間、梁間4間、正面1間向拝付)。山門は天保年間(1830〜1844年)に建てられ、入母屋、瓦棒葺、三間一戸、八脚楼門で2層目には高欄を廻し1層目の両側には文化15年(1818)に再興された仁王像が安置されています。宗派:真言宗豊山派。本尊:千手千眼観音。山号:南明山。院号:慈眼院。坂東三十三箇所第26番札所(札所本尊:聖観世音菩薩・御詠歌:わが心 今より後は にごらじな 清滝寺へ 詣る身なれば)。

スポンサーサイト

 茨城県土浦市観光・旅行見所ナビ:
一色家住宅愛宕神社大聖寺旧土浦中学校神龍寺中貫宿本陣法泉寺法雲寺照井の井戸郁文館常福寺浄真寺西根鹿島神社
寺子屋跡前野家住宅清滝寺土浦城(亀城)冨岡家住宅等覚寺東城寺東光寺矢口家住宅八坂神社善応寺
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県WEB観光案内所>土浦市>清滝寺」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。