つくば市: 金村別雷神社

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)つくば市:歴史・観光・見所>金村別雷神社

金村別雷神社
金村別雷神社
[ 付近地図: 茨城県つくば市 ]・[ つくば市:歴史・観光・見所 ]
金村別雷神社 金村別雷神社 金村別雷神社 金村別雷神社
金村別雷神社 金村別雷神社 金村別雷神社 金村別雷神社
概要・観光・歴史・見所
金村別雷神社(つくば市)概要: 金村別雷神社の創建は承平元年(931)、当時の領主豊田氏の霊夢に雷神の化身が立ちその御告げに従い加茂別雷大神(京都府)の分霊を勧請し領内の五穀豊穣を祈願したのが始まりと伝えられています。康平5年(1062)に行われた前九年合戦の際、当主である平将基が源頼義・義家父子から副将を命じられ奥州に随行、敵陣が阿武隈川の対岸にあり攻めあぐねると、日頃から信仰している別雷大神に必勝を念じました。すると不思議な事に後冷泉天皇から賜った金色の旗から龍が抜けし対岸までの橋となると味方の兵はその橋を渡り大勝利となりました。以来、金色の旗は当社の社宝となり金村神社とも呼ばれるようになりました。この旗には別の伝説があり、後三年合戦の際、源義家に随行した平将基が最上川の増水の為、対岸に布陣した敵に苦戦していると軍旗から2匹の幡竜が飛び出て、見方の兵と共に敵将である清原家衛を討ち取ったとされ、その功により将基には豊田郷が与えられ豊田氏を名乗ったと伝えられています。何れにしても平将基が豊田氏の祖としている事から承平元年には豊田氏は存在していない事になり平家関係の人物が勧請したのかも知れません(又は別系統の豊田氏が存在し将基がその名跡を継いだのかも知れません)。金村別雷神社はその後、領主である豊田家の崇敬社として庇護され社運も隆盛したと思われますが詳細は不詳、天正3年(1575)当時の当主豊田治親が多賀谷氏に内通した家臣飯見大膳に毒殺され豊田氏が滅亡すると金村別雷神社も衰退したと推定されています。当初は上郷の地に鎮座し金村別雷神社が衰退するとその跡地に小祠が建立され「水の祠」などと呼ばれていましたが寛文10年(1670)に曽根五郎左衛門が再興し現在地に遷座すると社運も隆盛し別雷皇太神(水戸市)、雷電神社(群馬県板倉町)と共に関東三雷神の一つに数えられなど信仰を広めました。江戸時代は神仏習合し別当寺院として明光院が祭祀を司ってきましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により明光院が廃寺となり明治6年(1873)に郷社に列しています。現在の金村別雷神社本殿は宝永5年(1708)に建てられたもので一間社流造、こけら葺、建物全体が精巧な彫刻で施され、屋根妻面には力士像が彫り込まれています。天保2年(1831)には入母屋、銅板葺、桁行4間、梁間4間の覆屋が建てられ共に平成3年(1991)に茨城県指定重要文化財に指定されています。拝殿(入母屋、桟瓦葺、千鳥破風、正面1間向拝付)、神楽殿(入母屋、瓦葺、高欄付き)、回廊は明治12年(1879)に再建されたもので昭和55年(1980)につくば市指定有形文化財に指定されています。

金村別雷神社の文化財
 ・ 本殿−宝永5年−一間社流造、こけら葺−茨城県指定重要文化財
 ・ 覆屋−天保2年−入母屋、銅板葺−茨城県指定重要文化財
 ・ 拝殿−明治12年−入母屋、瓦葺、千鳥破風−つくば市指定有形文化財
 ・ 神楽殿−明治12年−入母屋、瓦葺−つくば市指定有形文化財
 ・ 回廊−明治12年−鉄板葺−つくば市指定有形文化財

スポンサーサイト

 茨城県つくば市観光・旅行見所ナビ:
五角堂普門寺北斗寺飯名神社金村別雷神社鹿島神社慶竜寺(泉子育観音)大御堂太塚家住宅小田城一ノ矢八坂神社筑波山神社
吉沼八幡神社
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県WEB観光案内所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。