水戸市: 薬王院

  茨城県:歴史・観光・見所(ホーム)水戸市:歴史・観光・見所>薬王院

薬王院
薬王院
[ 付近地図: 茨城県水戸市 ]・[ 水戸市:歴史・観光・見所 ]
薬王院 薬王院 薬王院 薬王院
概要・観光・歴史・見所
薬王院(水戸市)概要: 薬王院の創建は大同2年(807)、桓武天皇の勅願により伝教大師最澄(平安時代の高僧、天台宗開祖)により開かれたのが始まりと伝えられています。歴代領主に庇護され寺運も隆盛し中世は歴代の領主である大掾氏から帰依され篤く庇護されました。当時の住職である成珍は大掾氏の養子である石河忠成の孫とされ大掾氏や鎌倉幕府とも強い繋がりを持ちました。応永24年(1417)、上杉禅秀の乱で敗れた禅秀に与した大掾氏が水戸城を去ると新たに城主となった江戸氏から庇護され大永7年(1527)に本堂が焼失しすると当時の当主江戸通泰によって再建されています。江戸時代に入ると歴代水戸藩主の祈願所として庇護され寛永5年(1628)には初代藩主徳川頼房公の二男、松平亀千代丸、万治元年(1658)には2代藩主徳川光圀の正室泰姫(近衛尋子・法光院)の菩提が葬られました(両者共に後年太田瑞龍山に改葬)。特に光圀が篤く帰依し貞亨3年(1686)には堂宇の大改修が行われ、元禄2年(1689)には天台宗の青蓮院直末寺に復させ、元禄10年(1697)には天台宗檀林所、元禄12年(1699)には関東八檀林となり寺運が隆盛しました。古くは神仏習合し近くに鎮座する常陸国三之宮である吉田神社の神宮寺として祭祀を司っていましたが寺運が隆盛すると吉田神社を圧倒する立場となりました。現在の薬王院本堂は享禄2年(1529)に再建された建物で桁行7間、梁間5間、入母屋、銅板葺、建築年代が明確で当時の当地方の建築様式を伝える建物として国指定重要文化財に指定されています。薬王院仁王門は貞亨年間(1684〜1688年)に建てられたもので桁行き6.8m、梁間6.4m、寄棟、茅葺の八脚門で両脇には金剛力士立像(阿形・吽形:水戸市指定文化財)が安置されています。その他にも木造薬師如来坐像(茨城県指定文化財)や木造十二神将立像(茨城県指定文化財)などの寺宝も多く当時の繁栄が窺えます。宗派:天台宗。本尊:木造薬師如来坐像。

薬王院の文化財
・ 薬王院本堂−享禄2年−入母屋、銅板葺、7×5間−国指定重要文化財
・ 木造薬師如来坐像−平安時代−杉材、一木造、像高86.3cm−茨城県指定文化財
・ 仁王門−貞亨年間−寄棟、茅葺、三間一戸、八脚単層門−茨城県指定重要文化財
・ 木造十二神将立像−南北朝時代−桧材、寄木造、像高81.5〜74cm−茨城県指定文化財
・ 五輪塔−江戸時代−徳川頼房2男松平亀千代丸供養塔−水戸市指定有形文化財
・ 木造金剛力士立像(阿形)−室町前期−杉材、一木造、像高210.7cm−水戸市指定文化財
・ 木造金剛力士立像(吽形)−室町前期−杉材、一木造、像高210.7cm−水戸市指定文化財
・ 四脚門−江戸時代中期−切妻、本瓦葺、四脚門−水戸市指定有形文化財

スポンサーサイト

 茨城県水戸市観光・旅行見所ナビ:
六地蔵寺佛性寺旧川崎銀行水戸支店護国神社報仏寺神應寺偕楽園雷神社河和田城旧弘道館綿引家住宅信願寺水戸城
旧水戸農業高等学校本館旧水海道小学校本館旧茂木家住宅妙雲寺薬王院吉田神社善重寺水戸八幡宮水戸東照宮
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「茨城県WEB観光案内所」は「茨城県の歴史」、「郷土資料辞典−茨城県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。